【初心者向け】少額資金なら海外FXが稼ぎやすい『私の実体験です』

【初心者向け】FX・少額資金で稼ぐ方法
nayamu-hito

少額資金しかないけどFXで稼ぎたい人へ

「少額資金でも稼げるのかな?国内と海外のFX口座があるけど、海外口座は大きい利益が狙えるからやってみたい。でも危なくないのかな?」

このような疑問のある方に、私の実体験を共有します。

 

❖この記事でわかること

  1. 小額資金トレードにおいて海外FX口座が稼ぎやすい理由
  2. リスクを正しく理解する『リスクを最小にする使い方』
  3. 海外FX口座のデメリットを気にするのは、稼いでからでも遅くない

海外FX会社のハイレバレッジを知り、口座を開設。少額資金でもしっかり利益が出るハイレバレッジのおかげで1か月で1万円を10万円に増やすことに成功。

私のような「少額資金しか用意できない人」や「初心者だから大きな損は出したくないと思っている人」には、海外FX口座の使い方が役に立つと思います。

 

 

小額資金トレードにおいて海外FX口座が稼ぎやすい理由

海外FX口座はなぜ稼ぎやすいのか?
結論、ハイレバレッジで利益額が大きいから。

海外FX口座は数百倍~1000倍以上のレバレッジが使えます。少額の資金で数万通貨の取引ができ、数万円の利益を狙うことができます。

数回の取引で数万円を稼げるチャンスがあるのであれば、がんばり甲斐もあるというもの。モチベーションも上がります。

 

一方、国内FX口座は、日本の投資家保護の法律のために証拠金の25倍までにレバレッジが規制されています。だから、少額の資金だと数円から数百円の利益が中心になります。

最近は、1通貨から取引できるところもあって少額資金でも始められますが、数万円稼ぐには取引回数がけっこう必要になりますよね。
入金額に余裕のある人は、国内FX口座でもいいと思います。

 

上は入金1万円でUSDJPYを取引した場合のモデル例です(1$=120円とした場合)。海外FX口座だと1円(100pips)の変動で最大83000円の利益が狙えます。これができるのが、ハイレバレッジの強みです。

逆に1円(100pips)の変動で最大83000円の損になるの?と思うかもしれませんが、入金を10000円だけにしていれば、10000円の損で済みます。海外FX口座には『ゼロカット』という仕組みがあって、口座にある資金額以上の損失がでないようになっています。次で解説します。

 

海外FX口座を使って、実際に1か月で1万円を10万円に増やしたトレードが見たい方は下のリンクから確認できます。
≫今日のトレード
実績だけでいい方はこちらのリンクから確認できます。
≫収支の推移

 

 

リスクを正しく理解する『リスクを最小にする使い方』

入金額を限定すれば、損失を管理できる

やっぱり損失は出したくないもの。でも、FXトレードでは全勝というわけにもいきませんから、負けた時のことも考えてしっかりリスクマネジメントします。

具体的にどうするのか?
・ゼロカットで安全に取引する
・入金ルールを作る(月予算と分割入金)

これでリスクを最小化でき安心してトレードに専念できます。
この2つがあると防御力爆上がりします。

 

ゼロカットで安全に取引する

海外FX会社は「ゼロカット」を採用しています。含み損が大きくなりFX会社が定めている証拠金維持率を下回るとロスカットがされますが、仮に含み損が証拠金を上回ってしまっても、証拠金以上の負債は発生しない仕組みのことです。負けても入金したお金がゼロになるだけです。リスクを抑えるためには欠かせない仕組みです。

国内FX会社は「ゼロカット」ではありませんので、想定外の相場変動などで損切り注文やロスカットの決済が間に合わず、証拠金を上回る損失で決済されてしまった場合は口座残高がマイナスになり、追加で入金(追証)する必要があります。

せっかくFXでお金を稼ごうとチャレンジするのですから、借金になるのは避けたいですね。詳しくは各FX会社の取引規定を確認しましょう。

実際、私もゼロカットにかかってしまったことが何度かあります。長い間トレードしていれば、一度は経験することになるでしょうから、安全に取引できる環境にしたいものです。

 

入金ルールを作る

 特に重要なのが入金ルールです。
・毎月の資金予算額(最大損失額)を決めてリスクを限定する
・資金予算を分割、毎回の入金額を決めてリスクを最小化する

私の例でいうと、毎月のお小遣い3万円までしかFXには使いません。また、いきなり3万円全額を入金しません。毎回の口座入金額は1万円だけ。それをトレードで増やしていきます。月に最大3回入金できるというルールです。
負けることを前提に考えることが損(リスク)を減らすためには重要なので。

毎月の資金予算額はなるべく少額の方がおすすめです。特に初心者の方は、トレードで勝てるようになるまで時間も必要になります。月の資金予算を1万円にするなど、自分に合わせてカスタマイズしましょう。

 

私がこの入金ルールに至った理由とそれを活用した手法は、以前の記事で解説しています。
≫元手1万円でも稼げるFXトレード手法を作る!『戦略編』

 

 

海外FX口座のデメリットを気にするのは、稼いでからでも遅くない

海外FX口座にはメリットもあれば、デメリットもあります。

しかし、FXでたくさん稼いでいるのであればデメリットになることも、まだこれから稼ごうとしている方にとってはデメリットとして考えなくてもいいこともあります。

Q.海外FX口座は、税率が高いから利益があまり残らないのでは?
A.「利益が出てから考える」です。
稼いだ中から支払うのが税金。利益が出ていない内から税金の心配は必要ありません。国内FX口座の場合の利益にかかる税率は一律20.315%。海外FX口座の場合は総合課税が適用され、FXの利益と他の所得と合計した総所得額で税率が決まります(税率15~55%)。
年間百万円程度を稼げるようになってから、国内FX口座にするなどすればいいと思います。

 

Q.海外FX口座は、スプレッドが広いから勝ちにくい(国内FX口座は狭小スプレッド)。
A.「数十pipsをとりに行くトレードでは、数pipsの違いなど問題ない」です。
数時間~数日かけて数十pipsを狙うゆったりデイトレードでは、数pipsの違いは勝敗を左右しません。ハイレバレッジが利用できる口座なのですから、数pipsは手数料として安いと思います。スキャルピングのように何十回も数pipsを抜いていくトレードなら国内FX口座の狭小スプレッドを使うべきです。

 

Q.海外FX口座は出金できる保証がない
A.「出金できます」
信頼できる大手の海外FX会社はいくつもあります。私は出金実績のレビューが多かったFX会社に口座を開設しましたが、出金してます。

私の出金事例はこちら
≫【海外FX口座】1万円を10万円に増やしたので、GEMFOREXの口座から出金してみた

 

Q.海外FX会社とのやりとりは英語ができないと不便ではない?
A.「各社、日本語ができるスタッフがいます。主にメールやチャットでのやりとりです。」
最近はどこの海外FX会社も日本人か日本語ができるスタッフがいて、やりとりもスムーズです。口座開設の手続きやその他の問合せなども日本語でできますので安心です。ちなみに私は英語はできませんが、今のところ不便を感じたことはありません。

 

 

以上が、少額資金なら海外FXが稼ぎやすいと考える理由です。
私もハイレバレッジを活かして、もっと稼げるようにがんばっていきます。

 

更新情報(2022年7月3日):なんと資金ゼロからリアルトレードができます。
海外FX会社のGEMFOREXは、新規口座開設で20000円がボーナスとして支給されるキャンペーンを行ってます。入金不要でGETできるボーナス20000円で即トレードができます。もちろん利益分は出金可能。入金ボーナスがあるキャンペーンは他でもよく見かけますが、入金0円なのに20000円のボーナスはうれしすぎます。無料なのでとりあえず試してみるのが良いかなと思います!(※ノースプレッド口座は対象外です)
≫GEMFOREXの口座開設はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました